ヘルシンキの公共交通機関

2019/02/18 11:10

ヘルシンキの公共交通機関はHSLヘルシンキ交通局の管轄で、バス、メトロ、トラム、電車があります。

利用者は乗車前に切符を購入しますが、メトロ、トラム、電車の場合フィンランドには改札がないので、切符を見せるのは車内またはホームで巡回している検札係に遭遇した時のみです。バス乗車時は運転手に提示します。検札時に正しい切符を所持していないと罰金80ユーロが科されます。

切符はメトロおよび電車の駅にある券売機、R-kioskiというキオスク、バスの運転手、チャージ式の日本でいうSuicaと同様のHSLカードと、SMS、HSLのモバイルアプリから購入ができます。同じ切符でもどこから買うかによって値段が異なります。 HSLはこれまで主流だったチャージ式のHSLカードからモバイルアプリでの切符購入にシフトするようポスター等で市民に呼びかけています。以前は可能だったトラムの運転手からの購入が廃止になったほか、券売機が設置されているトラム停留所が稀で、簡単にインターネットに繋げない観光客やフィンランド国内の別の街からヘルシンキに来るフィンランド人にとってもなかなか難しいシステムではないかと思います。

ヘルシンキ在住でインターネットつなぎ放題の格安スマホプランを利用している私にとって、HSLモバイルアプリはチャージする手間もなくスマホだけで購入と決済ができるので非常に便利です。

このアプリは2015年11月に導入され、2017年には70万人以上がこのアプリで切符を購入、2018年3月時には90万ダウンロードがされています。 HSLモバイルアプリをご紹介します。アプリストアのページ

上写真はアプリのスクリーンショットです。シングルチケット購入の場合は、写真左の一番上のボタンを押すと写真中央の画面になります。切符の利用エリア、利用者グループ、切符の有効期限開始時間、あらかじめ登録してある支払方法から好きなものを選択し、"Go to payment"を押し、決定を押すと写真右の画面が出ます。この画面が切符です。"HELSINKI"の文字の下の絵柄は回転しており、時間によって色が変わる仕組みになっています。GIF動画を作ってズルができない仕組みになっていると思われます。

このアプリで1〜7日乗車券と30日間の定期券の購入もできます。

検札係が来たら写真右の一番下にあるボタンを押すとQRコードの画面になり、それを読み取ってもらいます。

切符購入にはインターネット接続が必要ですが、切符購入後にスマホのバッテリーが切れた場合は検札係に切符路購入したスマホの電話番号を伝えればチェックができるシステムです。

切符は80分有効で、購入した切符の利用エリア内ならどの乗り物でも乗り放題です。乗車時に切符が有効であればよいので、乗車中に期限が切れても問題ありません。

例えば複数人で移動する場合は、代表者が一台のスマホで切符を複数枚購入することも可能です。まとめて2枚以上の購入はできないので、1枚ずつ購入手続きをします。

利用エリアはヘルシンキに加え、エスポーやヴァンターなど首都圏から選択ができます。ヘルシンキからヴァンター市にあるヘルシンキ・ヴァンター空港へ電車で移動する場合など、複数の市にまたがって旅をする場合は"Regional"チケットを購入します。 このアプリでは切符の購入以外に、通行止め情報やキャンセルになったバスなどのニュースや、乗換検索などを見ることができます。

最後に

モバイル切符アプリは市民にはとても便利です。ストックホルムでも同様のサービスがあり、フィンランドで契約しているスマホプランでEUのインターネットも込みになったので先日利用しました。インターネット接続と少なくとも英語の理解ができてこそのサービスですが、インターネットやモバイルサービスの先進国らしいものです。

システムはハイテクでも、バスや電車の遅延は当たり前。夜のバスは利用者が少なく、時刻表より早く出てしまうこともしばしば。アナログの部分はまだまだ改良の余地があるヘルシンキです。

写真はwww.hsl.fi およびHSLアプリより

参照 https://vuosikertomus.hsl.fi , https://www.hsl.fi/search/solr?keywords=mobiililippu