HSLの新ゾーン分けによるWhimの変化

2019/05/06 12:02

日本語で読む

2019年4月27日にHSLが公共交通機関の運行エリアを新しくゾーン分けしたことにより、Whimの仕様と料金も変更になりました。

参照 >>HSLの新ゾーン分けによるきっぷの変化 上は新ゾーン導入後のWhimアプリのスクリーンショットです。

左は有効なきっぷの一覧で、上の例では1つ利用中です。同行者用のきっぷを買えば、ここに2枚3枚と表示されます。きっぷの購入は、真ん中下のWhimのロゴをタップし右の写真の購入画面から行えます。

緑色になっている有効なきっぷをタップすると真ん中の画面になり、きっぷの詳細が出てきます。この例では大人のABゾーンの30日Season tikcket(定期券)を購入していて、やめる手続きをしなければ自動で更新されます。

フィンランドには改札がないので、検札員がチェックに来た時のみきっぷを見せる必要があります。検札員が来たら真ん中の画面を出し、その一番下にある"Ticket Inspection"をタップし、出てくるQRコードを見せます。

HSLの新ゾーン分けによるきっぷの変化にも書いたように、新ゾーンになり、定期券利用者は追加ゾーンチケットが買えるようになりました。しかし2019年5月6日現在Whimのアプリではまだ対応しておらず追加ゾーンチケットの購入はできません。

月額料49ユーロだったWhim UrbanはWhim Urban 30に変わり、HSLの値上げに伴い62ユーロになりました。Whim Urbanは、"1回券利用し放題"で毎回きっぷの購入画面から購入するシステムで、ユーザーから不評でしたが、Whim Urban 30では定期券になり、定期券の購入後は一切の購入手続きが必要なくなりました。

以前のWhimのサービスについては以前の記事をご覧ください >>MaaSのWhimを利用してみました

写真はwhimapp.comおよびWhimアプリより